ベイビーサポートの口コミをリアルに集めてみた結果

ベイビーサポートの口コミが気になっている人は必見です!産み分け潤滑ゼリーのベイビーサポートを実際に使ってみた人たちの口コミをたくさん集めました。産み分けに成功した人、失敗した人の生の声を聞きたいならチェックしてみてくださいね。

産み分けの原理を確認しましょう

 

産み分けの原理とは?

赤ちゃんの性別が決まるのは「受精の瞬間」なのを知っていますか?

よく「女性側に原因がある」なんて言われる方がいますが、それは間違いです。もし周りになにかを言われても気にしないでくださいね。性別が決まる原理は、医学的にしっかりと解明されています。

男性の精子にはX精子とY精子の2つの種類があり、どちらの精子が卵子と結びつくかで性別が決まるんです。

X精子なら女の子、Y精子なら男の子。

この2つの精子にはそれぞれ違った性質があり、適応できる環境が違います。

・X精子…酸性に強く、アルカリ性に弱い。

・Y精子…アルカリ性に強く、酸性に弱い。

Y精子はX精子の2倍の数と言われていますが、通常、膣内は酸性なので、酸性に弱いY精子の生存率をあげ、どちらの精子も卵子にたどり着く確率を同じようにしています。自然の摂理というか、神秘というか、なんだか不思議ですよね。

ただ、排卵日が近づくと膣内はアルカリ性になります。このことと、X精子とY精子の性質を利用して、性交する日をえらぶことで産み分けができると言われているんです。
 


ベイビーサポートは膣内の環境をそれぞれの精子に合わせた状態にするゼリーなので、産み分けの確率をさらに高めてくれます。

しかし、医学的に認められている産み分け方法でも、希望の性別の赤ちゃんが授かる確率は100%ではありません。産み分けにチャレンジする時には、夫婦でよく話し合って、どちらの性別の赤ちゃんでも受け入れて愛を注ぐ覚悟を持ってチャレンジしてくださいね。

ベイビーサポートはそんな夫婦に寄りそい、楽しい妊活をサポートしてくれるゼリーですよ。
 


>>ベイビーサポートの詳細をもっと見る


 

男の子と女の子では狙う日が違うの?

ベイビーサポートを使った産み分けでは、精子の性質と膣内の環境の変化を利用して、希望の性別が産まれやすくなる方法を使います。

女の子がほしい場合は排卵日の2日前に、男の子がほしい場合は排卵日の当排卵日当日に性行為をすれば、それぞれの性別の赤ちゃんが産まれやすいのです。

その理由を詳しくお話ししますね。

女の子の場合

X精子が卵子と結びつくことで女の子の赤ちゃんが産まれます。X精子は酸性に強くアルカリ性に弱いので、排卵によって膣内がアルカリ性に変わる前、排卵日の2日目が狙い目です。その後は1週間ほど性行為をしないか、しっかり避妊しましょう。

男の子の場合

Y精子が卵子と結びつくことで男の子の赤ちゃんが産まれます。Y精子はアルカリ性に強く酸性に弱いので、膣内がアルカリ性になる排卵日の当日が狙い目です。排卵日前5日間と排卵日後は性行為をしないか、しっかり避妊をしましょう。

しかし、膣内の酸性の度合いには個人差があります。なので、性行為の日を選ぶだけでは産み分けの成功率はまだ低い可能性があります。

そこで、ベイビーサポートの出番です。ベイビーサポートは膣内の環境を整え、それぞれの精子が元気に活動できるようにしてくれます。だから産み分けの成功率が高くなるんです。

ベイビーサポートを使う時は、女の子の場合と男の子の場合とで性行為のタイミングをしっかり選んで、産み分けの確率をあげてくださいね。

 

>>ベイビーサポートの詳細をもっと見る