ベイビーサポートの口コミをリアルに集めてみた結果

ベイビーサポートの口コミが気になっている人は必見です!産み分け潤滑ゼリーのベイビーサポートを実際に使ってみた人たちの口コミをたくさん集めました。産み分けに成功した人、失敗した人の生の声を聞きたいならチェックしてみてくださいね。

ベイビーサポートの産み分け失敗談から学ぶべきこと

ベイビーサポートを使ったのに産み分け失敗?

ベイビーサポートを使ったのに産み分けに失敗してしまった方に多い理由は、主に3つあります。それぞれの失敗談を順番に見てみましょう。

①使用期限が切れているものを使用した

「2人目を考えた時に、ベイビーサポートを使って産み分けをしようと夫婦で決めました。無事、希望していた女の子を産むことができて、とても嬉しかったです。ですが、3人目も女の子が欲しかったので残っていたベイビーサポートを使ったのですが、3人目は男の子でした。期待していた分、少しガッカリでした。」

1つ目の失敗理由は、使用期限が切れているベイビーサポートを使って、産み分けに失敗してしまったという失敗談です。

ベイビーサポートの使用期限は、製造されてから2年です。したがって、上の子の時に使ったベイビーサポートが余っているからもったいないと思って使う時には注意が必要です。それが2年以内のものなら問題ないのですが、使用期限が過ぎてしまっていると効果がありません。

ベイビーサポートは、公式サイトで「おめでた返金キャンペーン」をしているので、余ってしまったものは、次の子供の時に使おうと取って置くよりも、このキャンペーンを利用して、買い取ってもらうのがおススメです!

②使うタイミングが間違っている

「まずベイビーサポートを入れました。でも、挿入するまでに時間がかかったからなのか、射精前にほとんどのベイビーサポートは、出ていました・・・。使うタイミングがこれで大丈夫なのか不安です。」

2つ目の失敗理由は、使うタイミングが違っていて、産み分けに失敗してしまったという失敗談です。

まず、ベイビーサポートを使うタイミングは”性交直前”と公式サイトにあります。なので、はじめに使うのではなく、挿入する時にベイビーサポートを入れるのがベストなタイミングです。

また、ベイビーサポートは、1本で膣内に行きわたる適当量の4.5mlが入っています。ただ、人により、膣の形は違うので、正しい使い方をしていても漏れてきてしまう場合があります。でも、正しい使い方をしていれば、効果はちゃんと得ることができているので、あまり気にしないで大丈夫です。

③使う日が間違っている

「2人目を産み分けすることにしました。でも、1人目の時もなかなかできなかったのですが、今回も妊娠することができなくて、焦ってしまい、排卵日前後を狙って性交しました。」

3つ目の失敗理由は、使う日が間違っていて、産み分けに失敗してしまったという失敗談です。

産み分けをする時には、排卵日をしっかりと確認するのがとても大切です。
 

POINT

膣内は、排卵日以外は、雑菌を寄せ付けないように酸性に保たれていますが、排卵日には精子を受精しやすいようにアルカリ性へ傾きます。
 

したがって、男の子が欲しい方は、膣内がアルカリ性に傾く排卵日の直前か排卵日の当日に性交をするのが大切なポイントです。

逆に女の子が欲しい方は、酸性度の高い排卵日の2日程度前に性交を行うのが良いタイミングになります。

いくらベイビーサポートを使っても膣内の酸性の高い日にベイビーサポートボーイを使ったり、アルカリ性の強い日にベイビーサポートガールを使ってしまえば、効果がないですよね・・・。

ベイビーサポートをただ使うだけでは、しっかりと産み分けができないので、まずは自分の排卵日をアプリや排卵日検査薬を買うなどして、確認してから試してみてください。
 

以上の3つに気を付ければ、ベイビーサポートの力を最大限に発揮して使うことができます。


ベイビーサポートは、正しい使い方さえすれば、きちんとした効果を得ることができます。ぜひ、産み分けをしようと考えている方は、お試ししてみてください!



>>ベイビーサポートの詳細をもっと見てみる